2019年4月12日金曜日

日経平均は続伸で年初来高値。だが、ほかの市場は下落でした。

日経平均は終値で年初来高値 21,870円を付けた。
ファーストリテイリング、ソフトバンクGが上昇を牽引した。

しかし、TOPIX、マザーズ指数、ジャスダック、東証2部など全て下落した。
ドル/円が111.80台まで上昇した割には微妙なところだ。
売買代金は約2兆2500億円でちょっとはましだった。

来週は、3月貿易統計(4/17)、3月全国消費者物価指数(4/19)など、
米国では、4月ニューヨーク連銀製造業景気指数、3月鉱工業生産、米地区連銀経済報告(ベージュブック)、3月小売売上高、3月住宅着工件数などがある。
これらの指標の結果によっては、大きく上下する事もあろう。

また、4/19(金)は日本以外の市場は休場が多いのも気になる。